オーストラリアの学校制度は、質の高い教師陣、多様なカリキュラム、異なる背景の生徒、すべての生徒の能力を最大限に引き出すことができる学習空間により、高い評価を受けています。

以下の情報は、地方の学校またはメルボルンにあ​る学校に関わらず、オーストラリアのビクトリア州における教育制度を簡単に説明するものです。学校制度は多様であるため、他の国の学校制度とは多少異なる場合があります。

Kids are reading in the library 

年齢

オーストラリアのビクトリア州では、6歳から17歳まで子供は義務教育を受けなければなりませんでしたが。オーストラリアの学校制度では、生徒は合計13年間学校に通います。

小学校の生徒の年齢は、5歳から12歳です。クラスは、プレップ、1年生から6年生まで分かれています。

中高校の生徒の年齢は、12歳から20歳です。クラスは7年生から12年生まで分かれています。

学校の種類

オーストラリアの学校制度には、以下を含むさまざまな学校があります。

  • 小学校
  • 中高校
  • P-12 (プレップから12年生) または K-12 (幼稚園から12年生) カレッジ。

ほとんどのビクトリア州立学校は共学ですが、男子校または女子校も一部あります。

クラスのサイズと割合

Organisation for Economic Co-operation and Development (OECD)経済協力開発機構の統計によれば、世界中の中高校のクラスサイズと割合は以下のとおりです

  • 平均のクラスサイズは生徒24名。
  • 生徒と教師の割合は13。(OECD, 2012)

ビクトリア州立学校は、OECDの平均と同等もしくはそれ以下です。今年、ビクトリア州の中高校のクラスサイズと割合は以下のようになっています

  • 平均のクラスサイズは生徒21.4 名。
  • 生徒と教師の割合は12.5。(DET, 2014)

通常の授業日

学校は、月曜から金曜の週5日間、午前8:30から午後3:30までです。 通常の授業日には、生徒は1つの部屋にとどまるのではなく、教室から教室へと移動します。 対話的教授法により、教室外へ出ることもあります。

学校の年度

ビクトリア州立学校の1年は4タームに分かれています。学校は通常1月末から2月始めに開始し、12月中旬に終わります。ターム間に短い休みがあり、12月と1月には長い休みがあります。

カリキュラムと学校プログラム

ビクトリア州立学校のカリキュラム は、生徒の学年に応じて異なります:

  • プレップから10年生までのAusVELS
  • 11年生と12年生用のVictorian Certificate of Education。

すべての学校で、多数のオプションと体験を含む課外プログラムも提供されています。

生徒に教える方法

ビクトリア州立学校の教え方 は生徒に焦点を当てているため、より優れた学業成績につながり、生徒は学校生活をさらに楽しむことができます。

すべてのビクトリア州立学校の教師は大学卒の資格を持っています。学位の一環として、教育実習を通じて、学校で実地経験を積んでいます。

通常は、教師と話す際には教師の苗字にMs、Mrs、またはMrなどの称号を付けて呼びます。教師は通常、生徒をファーストネームで呼びます

学校を管理する方法

学校の校長が学校とその教育プログラムのリーダー/マネージャーです。各学校には、親、コミュニティーおよびスタッフの代表者で構成される評議会があり、学校が最も効率良く運営されるように管理しています。

学習空間

優れた施設と 学習空間は、ビクトリア州立学校の主要な特徴です。すべての学校は特定用途向けに作られた学習、スポーツ、レクリエーションセンターを備えています。

コンピューターへのアクセス

生徒対コンピューターの割合は平均で1対3(1:3)です。州政府および連邦政府の多数のプログラムにより、学校でのコンピューターのアクセス度が向上しており、生徒対コンピューターの割合がさらに改善しています。

制服

ほとんどの学校には制服があります。多くの場合、学校のカラーで冬服と夏服があります。

男子の制服:

  • 長ズボンとショーツ
  • シャツとブレザーまたはセーター。

G女子の制服:

  • スカートまたは長ズボン
  • シャツとブレザー。

ビクトリア州立学校では、生徒の地域と文化固有の服装をすることができます。たとえば、イスラム教の女生徒はハジブを着用できます。

言語クラス

英語以外の言語の授業は、プレップから12年生まで提供されています。言語クラスは、資格を持つ教師が指導し、通常1週間当たり150分行われます。

ビクトリア州立小学校では言語、中高校では言語の授業を実施しています。 Victorian School of Languages(VSL)では40を超える言語が教えられています。

生徒の言語と環境

ビクトリア州立学校の約25パーセントの生徒は、英語以外の言語を話す環境にあります。ビクトリア州立学校で広範な プログラムを実施しているのはそのためです。多文化教育アシスタントがいる学校も多数あります。

各学校で状況は異なります。アングロサクソン系の生徒がほとんどである学校もあれば、クラスに多数の異なる国籍の生徒がいる場合もあります。

Last Update: 21/07/2016 3:40 PM