​​​​​​​​オーストラリアのビクトリア州では、簡単に手頃な値段で移動して回ることができます。学校への登下校、友人の家へ行く、または観光地に行くなど、どの場合でも簡単に行き方を見つけることができます。

A Melbourne Yarra tram in front of the University of Melbourne, students getting on board of the train 

行き方を教えてもらう

メルボルンでは、地点Aから地点Bへの行き方は多数あります。ホストファミリーまたは留学生コーディネーターが、以下の情報を提供してくれます:

  • 最も単純で早く行けるルート
  • 最適なチケット
  • 費用
  • かかる時間。

あらゆる方面に行くことができる交通ネットワーク

メルボルンの交通システムを使用すると、電車、トラム、バス間での乗り換えが簡単です。シティーの中心からあらゆる方面へ交通網が延びています。都市部、地方、および別の州への鉄道ネットワークは、Southern Cross駅という利用者の多いシティーの交通ハブでつながっています。

学校を見つける、地図を使用して地域の公共交通機関を確認してください。

街の中を自転車で走る

メルボルンに住んでいる間、安全で広範な自転車専用道ネットワークを使用してください。メルボルンでは電車に自転車を持ち込むことができるので、自転車と電車を組み合わせて移動できます。

1枚の便利なチケットで公共交通機関を利用

メルボルンでは1枚のチケットで、バス、電車、トラムサービスを指定時間内に利用することができます。現在、以下の2つのチケットシステムが使用されています: mykiシステム

ネットワークは、シティー中心からの距離に従って2つのゾーンに分割されています。移動にかかる費用は、以下によって異なります:

  • 移動するゾーン
  • チケットの有効期間(2時間、1日、1週間、1ヶ月、1年)。

すべての公共交通で、5歳から18歳ま​での利用者は、myki(マイキー)の子供料金または割引料金で乗車できます。

18歳以下であれば、留学生及び観光客は、子供料金あるいは割引料金での利用が可能ですが、乗車の際18歳以下であることを証明する物が必要です。

17歳と18歳の利用者は、公共交通を利用する際、オーストラリアの運転免許証や仮免許証、年齢証明カード、パスポート(旅券)など、公的機関が発行する年齢を証明できる証明書または、PTV(Public Transport  Victoria)が発行する学生証、オーストラリアのヘルスケアカードなど、割引料金を利用できる資格証明を常時保持していなければなりません。尚、16歳以下の利用者には、その必要はありません。

詳しくは下記をご覧下さい。PTV Victoria

メルボルンのトラム

メルボルンのトラムは、この都市のユニークな特徴です。中央ビジネス地区や市内近郊を探索するのに適した手段です。メルボルンのトラムネットワークの規模は世界最大で、500台を越えるトラムと25の異なるルートがあります。市内のほとんどの主要道路沿いを走り、ルートは郊外にも延びています。

メルボルンへの観光客を対象とするシティー・サークル・ルートには、伝統的な旧型トラムが運行しています。トラムは市内の主要な道路の多くを走っていますが、郊外の道路を運行しているトラムは一部のみです。

シティー中心部の電車ネットワーク

Tシティーには、一部地下を運行している電車システム(City Loop)があります。シティー中心部には、 Flinders Street、Parliament、 Melbourne Central、 Flagstaff、およびSouthern Crossの5つの駅があります。

郊外へ向かう電車は16路線あります。電車は午前5時頃から深夜まで運行しています。

Southern Cross station 

ビクトリア州の地方行きの電車

V-lineはビクトリア州の地方電車ネットワークです。ビクトリア州内にあるすべての主要な観光地に行くことができます。 ビクトリア州内の地方都市を結び 、別の州にも乗り入れています。

シティー中心にある近代的な交通ハブ

Southern Cross 駅はメルボルンの中心のハブ駅です。すべての都市部電車とV/Line電車、および大多数のバスサービスがSouthern Cross駅から出発し、Southern Cross駅に到着します。

2006年に改装されたこの駅は、海外、他州、地方または郊外からの訪問者の近代的な到着地点に変わりました。新しい駅の屋根には独自のデザインが施されており、環境にもやさしい設計となっています。

活気があり、便利な空港

ビクトリア州の空港からは、オーストラリア全国のほぼすべての場所およびすべての主要な国際空港へ行くことができます。

Last Update: 16/08/2017 3:13 PM